女子大生やOLが脱毛サロンで勧誘を受けた時の上手な切り抜け方

脱毛サロンは定期的にキャンペーンを実施しているので契約数を増やしていかないと赤字になってしまいます。それにより会社からの契約ノルマが多くなっているので勧誘をしてくる事がよくあります。脱毛サロンは女子大生やOLが施術を受ける事が多いですが、勧誘を受けた時にそれぞれの上手な切り抜け方を紹介していきましょう。

勧誘を断る女性

女子大生が勧誘を受けた時の上手な切り抜け方

女子大生は基本的に学業がメインで収入はアルバイト程度なので施術費用は親が支払っている事が多いです。それで女子大生が勧誘を受けた時は契約の決定権が自分にはない事を主張してみると効果的です。契約の決定権が施術費用を支払う親にある事を伝えるとサロン側も勧誘しても効果がないと判断して止める事が多いです。

OLが勧誘を受けた時の上手な切り抜け方

OLは基本的に収入が安定しているので女子大生より勧誘を受ける事が多いです。それでOLが勧誘を受けた時は仕事が忙しくて施術を受ける時間が取れないと主張すると効果的です。金銭面で余裕がない事を主張してもOLの場合は収入を得ているので粘られる可能性が高いです。しかし仕事を理由にするとサロン側も勧誘しても効果がないと判断して止める事が多いです。
女子大生やOLが脱毛サロンで勧誘を受けた時はこのような感じで切り抜けていくと上手くいく事が多いです。