埋没毛になりやすい原因と処理方法について

埋没毛について

埋没毛について考える女性
埋没毛は、剃刀で毛の生えている方向と逆剃りした場合に出来やすくなります。

逆剃りすることで、毛穴を傷つけるだけでなく、毛穴が尖ることがあります。

そのため、剃刀による自己処理を施す際は、毛が生えている方向と同じ方向で剃るのが埋没毛を防ぐコツとなります。

また、肌が乾燥している状態で剃刀で剃ると埋没毛が出来やすくなる他に、肌のトラブルに悩まされることになります。

よって、剃刀での自己処理で極力埋没毛が出来にくくするには、肌の保湿を欠かさないことが大切です。

肌を保湿することが重要

他にも、埋没毛は毛抜きによる自己処理でも出来やすく、毛を抜く時に途中で切れることで埋没毛になりやすくなります。

その上、自己処理によって毛を抜くと毛穴を傷つけることになるので、毛が肌の表面に出てこなくなる傾向にあります。

その影響により、毛を抜くタイプの電気脱毛器は埋没毛を招きやすいとされます。

理由として、電気脱毛器は毛が生えている方向に関係なく引っ張るので、皮膚に強い刺激を与えやすいからです。

さらに、毛が途中で切れることが多いので、抜けなかった毛が皮膚の中に残りやすくなります。

よって、埋没毛に悩まされずに自己処理を施す場合は、剃刀の代わりに電動シェーバーを活用するのがお勧めになります。

けれども、電動シェーバーを使う場合は肌が乾燥した状態で行わないように心掛けるのがポイントとなります。

なぜなら、肌が乾燥していると肌の表面を無駄に傷つけることになるので、肌荒れに悩まされるからです。

そして、電動シェーバーで剃った後も肌を保湿することで、肌のトラブルに困らされずに埋没毛を処理することができます。