脱毛コラム

女子大生やOLが脱毛サロンで勧誘を受けた時の上手な切り抜け方

脱毛サロンは定期的にキャンペーンを実施しているので契約数を増やしていかないと赤字になってしまいます。それにより会社からの契約ノルマが多くなっているので勧誘をしてくる事がよくあります。脱毛サロンは女子大生やOLが施術を受ける事が多いですが、勧誘を受けた時にそれぞれの上手な切り抜け方を紹介していきましょう。

勧誘を断る女性

女子大生が勧誘を受けた時の上手な切り抜け方

女子大生は基本的に学業がメインで収入はアルバイト程度なので施術費用は親が支払っている事が多いです。それで女子大生が勧誘を受けた時は契約の決定権が自分にはない事を主張してみると効果的です。契約の決定権が施術費用を支払う親にある事を伝えるとサロン側も勧誘しても効果がないと判断して止める事が多いです。

OLが勧誘を受けた時の上手な切り抜け方

OLは基本的に収入が安定しているので女子大生より勧誘を受ける事が多いです。それでOLが勧誘を受けた時は仕事が忙しくて施術を受ける時間が取れないと主張すると効果的です。金銭面で余裕がない事を主張してもOLの場合は収入を得ているので粘られる可能性が高いです。しかし仕事を理由にするとサロン側も勧誘しても効果がないと判断して止める事が多いです。
女子大生やOLが脱毛サロンで勧誘を受けた時はこのような感じで切り抜けていくと上手くいく事が多いです。

産後の脱毛処理の注意点とは?

産後のムダ毛処理事情

産後の女性
妊娠中も脱毛やムダ毛処理を行う際気をつけなければならないことがありますが、出産後もそれは同様です。特に自分でムダ毛処理を行うのではなく、脱毛サロンに通っている場合は再開する時期も考える必要があります。脱毛サロンではレーザーを使用して行うので、出産後は肌トラブルなどが起こりやすいことが特徴です。そのため出産直後には再開が難しくなります。また産後にはまだホルモンのプロラクチンが多く出ているので、体毛が全体的に生えやすくなる傾向があります。その時に脱毛サロンで脱毛をしてもなかなか効果が現れなかったりと、効率も悪くなるのです。

産後のムダ毛処理の注意点

脱毛サロンでも授乳を行っている間はサロン利用を控えるように言われていることもあり、産後の脱毛は生理学的始まってしばらくしてからの方が安心です。脱毛サロンの機械が母乳に影響することはほぼありませんが、肌トラブルやホルモン分泌のことも考えれば、産後半年ほどして生理が始まってから脱毛を開始するのが最適です。産後のムダ毛処理は家庭で行うようにして、肌あれが気になる場合は避けておきましょう。抜いたりしなければそれほど肌に負担がかかることはありませんが、なるべくカミソリを使う時でもアフターケアに気を使うことが基本です。ばい菌などが入らないように気をつけて行うようにしましょう。

脇を脱毛すればワキガが改善される2つの要因

ワキガになると強い臭いが発生してしまい周囲の人にも迷惑をかけてしまいます。それに白のシャツを着ていると脇の下が黄ばんできてしまうので不衛生に見られてしまう事もあります。ワキガは脇にあるアポクリン腺から皮脂などが混ざって酸化された汗が分泌されるのが原因になっています。それで脇を脱毛すればワキガが改善されると言われていますが、なぜなのか見ていく事にしましょう。

ワキガが気になる女性

脇の通気性が良くなるのでアポクリン腺から分泌される汗の量が少なくなる

脇に毛が生えていると通気性が悪くなるので蒸れやすくなってしまいます。それでアポクリン腺から汗が大量に分泌されてワキガになってしまいます。しかし脇を脱毛すれば通気性が良くなるのでアポクリン腺から分泌される汗の量が少なくなります。それによりワキガが改善されていきます。

脇の毛に汗が毛に付着しなくなるので雑菌が繁殖するのを防げる

アポクリン腺から汗が分泌された時に脇の毛が生えていると付着してしまいます。脇の毛に汗が付着してしまうと雑菌が繁殖してしまうので臭いが強くなってしまいます。しかし脇を脱毛すればアポクリン腺から分泌された汗が毛に付着しなくなるので雑菌が繁殖するのを防ぐ事が出来ます。それにより臭いを抑える事が出来てワキガが改善されていきます。
脇を脱毛すればワキガが改善されるのはこのような要因があるのでワキガで悩んでいる人は脇を脱毛してみましょう。

埋没毛になりやすい原因と処理方法について

埋没毛について

埋没毛について考える女性
埋没毛は、剃刀で毛の生えている方向と逆剃りした場合に出来やすくなります。

逆剃りすることで、毛穴を傷つけるだけでなく、毛穴が尖ることがあります。

そのため、剃刀による自己処理を施す際は、毛が生えている方向と同じ方向で剃るのが埋没毛を防ぐコツとなります。

また、肌が乾燥している状態で剃刀で剃ると埋没毛が出来やすくなる他に、肌のトラブルに悩まされることになります。

よって、剃刀での自己処理で極力埋没毛が出来にくくするには、肌の保湿を欠かさないことが大切です。

肌を保湿することが重要

他にも、埋没毛は毛抜きによる自己処理でも出来やすく、毛を抜く時に途中で切れることで埋没毛になりやすくなります。

その上、自己処理によって毛を抜くと毛穴を傷つけることになるので、毛が肌の表面に出てこなくなる傾向にあります。

その影響により、毛を抜くタイプの電気脱毛器は埋没毛を招きやすいとされます。

理由として、電気脱毛器は毛が生えている方向に関係なく引っ張るので、皮膚に強い刺激を与えやすいからです。

さらに、毛が途中で切れることが多いので、抜けなかった毛が皮膚の中に残りやすくなります。

よって、埋没毛に悩まされずに自己処理を施す場合は、剃刀の代わりに電動シェーバーを活用するのがお勧めになります。

けれども、電動シェーバーを使う場合は肌が乾燥した状態で行わないように心掛けるのがポイントとなります。

なぜなら、肌が乾燥していると肌の表面を無駄に傷つけることになるので、肌荒れに悩まされるからです。

そして、電動シェーバーで剃った後も肌を保湿することで、肌のトラブルに困らされずに埋没毛を処理することができます。

アンダーヘアの脱毛でのフラッシュ脱毛は毛の再生が早い

脱毛サロンでアンダーヘアを脱毛する

アンダーヘアの脱毛
脱毛サロンではフラッシュ脱毛という方法を選ぶことも可能です。

この方法を使ってアンダーヘアの脱毛をするということもできるのですが、フラッシュ脱毛にはメリットもあるものの、知っておかないといけないデメリットもあるのです。

それは何か?というと、脱毛した毛がすぐに再生してしまう可能性があるということです。

脱毛サロンではレーザー脱毛という手段がまずあって、こちらを選ぶ人も結構多くいます。

それ比べるとフラッシュ脱毛は知らない人もいるかと思いますが、こちらの方が肌に対して負担になりづらいので、結果的に痛みを感じづらいということが言えるのです。

したがって、そこは間違いなくメリットになるのですが、せっかく脱毛した毛がすぐに再生してしまう可能性がレーザー脱毛よりも高いので、そこは知っておくべきと言えます。

デメリットも知っておくべき

レーザー脱毛は1度やってしまえば、かなりの期間で毛が再生することは考えづらいものの、フラッシュ脱毛の場合にはそれと比べて短期間で再生してしまう可能性があるのです。

アンダーヘアの脱毛を脱毛サロンでしたからには、当分やらなくても良いだろうと思っている人もいると思いますけど、方法によってはまた同じ施術を受けないといけないということもありえます。

だから、フラッシュ脱毛でアンダーヘアの脱毛をするときにはそういうデメリットも知っておかないといけないのです。