シースリー 梅田店の口コミ&店舗情報

シースリー梅田店のおトクなキャンペーン情報

C3(シースリー)

シースリー梅田店の店舗情報

梅田店 大阪府大阪市北区太融寺町2-18 富士林プラザ8番館6F

梅田のC3(シースリー)の店舗イメージ

梅田のシースリーで
無料カウンセリングを予約する

シースリーの特徴

来店する回数を少なくする事が出来る

脱毛サロンは全身部位を4つに分けて施術をしていくのが主流になっていますが、シースリーは高速の純国産脱毛機を導入しているので全身部位を4つに分ける必要がなくスピーティーに脱毛していく事が出来ます。それにより施術回数が少なくなるので来店する回数も少なくなり手間がかからないのがメリットになります。

剃り残しを無料でシェービングしてくれる

脱毛サロンで施術を受ける時は事前に脱毛する部位の毛を短く処理していきますが、部位によっては手が届かなくて剃り残しが出てきてしまう可能性があります。しかしシースリーでは剃り残しがあった時は無料でシェービングしてくれるので問題ありません。他の脱毛サロンではシェービングは有料になってしまうので無料なのはメリットと言えます。

2ヶ月先の予約が取れる

シースリーの予約方法は2ヶ月先からの予約分を受け付けていて毎月1日から予約を取れるようになっています。それにより計画を立てやすいので効率良く施術を受ける事が出来るので脱毛完了までのスピードも早くする事が出来ます。また2ヶ月先の予約が取れる事で土日祝日など混雑しやすい日の予約も取れる事が多いです。 

シースリー梅田店の口コミ情報

脱毛し放題が魅力的です

【30代・女性・梅田在住】

voiceここは360度くまなく脱毛できるのが魅力で、表、裏もぐるっと脱毛できます。気になるvライン周りの範囲も特に決まってなくて、お客さんがそったところが範囲となります。効果は腋、足など分かりやすいところは6回でもとても効果がありますが、全身奈13階がいいそうです。そして、薄めなところもきれいにしたいなら無制限コースがよいでしょう・

何度もこられるからほとんどお得で、産毛のところまで完璧にしたければ脱毛し放題がいいでしょう。

素敵な部屋になっている

【20代・女性・梅田勤務】

voiceキャンセル料を聞いてみましたが、当日1分前までに連絡してもらえれば消化なしでできるとのこと。ですが時間が始まったらペナルティが発生します。そして部屋はしっかりした個室でカーテンで仕切ったり、半個室のようなところが多いですが、しっかりしてます。部屋の中にドレッサーもついていて、アロマサロンみたいです。そして、こうした部屋で脱ぐのも恥ずかしくはないです。全身脱毛も抵抗なくできそう。

施術中は気分がいいはず

【20代・女性・梅田近辺在住】

voice施術ですが、タオル地のローブを着て、ベットに横になって、タオルで目を覆ってくれます。部屋があったかく寝てしまいそうになりました。最初電動シェーバーでシェービングします。スタッフが失礼しますといって丁寧にしてくれます。驚いたのはほくろや傷をカバーしてくれたことです。これは高いサロンではしてもらいましたが、安いところでこうしたことは一回もされたことがなくとてもいいサービスだと思いました。

お得なサービスがあってうれしい

【40代・女性・梅田在住】

voice私はここで全身脱毛しましたが、知名度が高いサロンは他にたくさんありますが、友人が利用したことがあるサロンでここを選びました。そして月額7千円で通い放題で、品質保証書もありました。ほかのサロンにいったことがなくて分かりませんが、とてみょ方ですリーズナブルできれいになれてなんと32000か所のホテルで割引があるといったことでとても得した気分。
また、脱毛して綺麗になれば旅を楽しめるのはとてもいいことです。サロンはとてもリラックスできるところです。

剃りのこしもしっかり対処

【30代・女性・梅田勤務】

voice無料カウンセリング予約してると告げれば、直ぐカウンセリングルームへ案内されて、お茶をだされカウンセリングシートを渡られます。担当者は明るくてはなしやすい方で無料カウンセリングは、脱毛マシンの説明や毛周期など説明されて、わからないことも丁寧に教えてくれます。そしてそり残したがあれば電動シェーバーでジョリジョリしてくれます。尚はお店のヘアバンドで髪をあげ反りのこしをチェックしていきます。

梅田のシースリーで
無料カウンセリングを予約する

梅田脱毛サロンランキングTOPへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>